成果主義、業績連動の賃金システムの前提

まず、会社と部門の成果と業績を評価しましょう。
・成果は明確ですか
・成果は何で測定しますか
・成果は今期の数字にどれだけ表れますか

会社と部門の業績目標が具体的でなければ、個人の目標設定は困難です。

会社の業績目標は何ですか
・株主への約束は
・顧客への約束は
・社員への約束は
・コミュニティーへの約束は

部門の業績目標は何ですか
・何を成し遂げれば、他部門から評価されますか
・組織力は発揮されていますか

成果や業績の配分ルールを明確に
・業績が上がれば、賞与原資を増やすではダメ
・直接的に賞与やインセンティブの金額がわかるようにする

 

経営診断&
行動計画策定プログラム

スピーディな現状診断と
的確な行動計画の策定をお手伝いします。

ウェブ上での質問に回答することで、人間ドックならぬ「経営ドック=経営診断」を行い、経営幹部のワークショップで診断結果を検討し、優先課題を絞った行動計画を策定するプログラムの紹介は、こちらです。





インセンティブのあり方は?

・どの業績指標に短期インセンティブを連動させるか
・どの業績指標に長期インセンティブを連動させるか
・インセンティブの種類は